おすすめ投稿

専業主婦でも即日融資を行うことはできる?

働いておらず、自身で収入源を獲得していない専業主婦の方でも、夫の収入を当てにして借り入れを行うことは可能です。
では、即日融資となるとどうでしょうか?


専業主婦でも即日融資は可能

ローンを選べば、専業主婦でも即日融資を利用することができます。
どのようなローンかというと、銀行やレディースキャッシングが展開しているものです。
しかしすべての会社がその日のうちにお金を貸してくれるわけではなく、当たり前のことですが、専業主婦の借り入れを受け入れてくれるところで、かつ即日融資が可能なところを選ばなければなりません。
この2つの条件を満たしているカードローンは、銀行のものだと三菱東京UFJ、レディースキャッシングだとエレガンスやレディースフタバといった会社になります。
そんなに多いわけではないので、自分の目的に合った借り入れ先を慎重に探し出しましょう。もし、業者を探しているのであれば、「即日融資のカードローンガイド」というサイトを参考してみて下さい。こちらでは、即日対応が可能なサービスを検索することができます。


消費者金融の即日融資は利用できない

たとえばプロミスは、消費者金融の中では珍しくレディースキャッシングを行っている会社ですが、収入のない専業主婦は利用できません。
そもそも消費者金融自体が働いていない主婦の借り入れに対応していないからです。
即日融資のカードローンだと融資までのスピードが早いサラ金が断然おすすめですが、専業主婦の方の申し込みはお断りされる可能性が高いので注意してください。

おすすめ投稿

即日融資で失敗しないようにしたい

皆さんの中には、家族などに知られないよう注意したのにばれてしまった人はいませんか?
実は申し込み方にカラクリがあるようですので、心配な人は失敗談で検索してみるのがいいと思いますよ。
特に、自宅に郵送物を送られたくない人は郵便局に郵送物停止手続きをするのがいいと言われているみたいです。
ただし、その場合家族あての郵送物も停止されてしまうので、その点だけは頭に入れておくようにして下さいね。


即日融資は少額がいい

融資をしてもらうのはいいですが、高額融資だと返済する時の負担が大きくなってしまいます。
余裕のある人であればいいかもしれませんが、出来るだけ少額の即日融資をしてもらうようにしましょう。
少額でしたらすぐに返済することも可能ですし、金利もそんなに支払わなくてもいいと思いますからオススメですね。
カードローンを利用する際には、まず返済や診断をしておくのがいいかもしれないので、活用してみてはいかがでしょう?どの会社の発行している商品がよいか迷っているのであれば、カードローンの比較サイト等を参考にしてみるのも良いでしょう。


在籍確認って必ずしますか?

審査に通ってから融資をしてもらえるようになっていますが、会社の在籍確認は必ずされるものなんです。
嫌だなと感じている人もいますが、その金融機関によっては時間を指定することが出来るらしいので頼んでみては?
審査が終われば、カードローンが利用出来ますし、即日融資もしてくれるようになるので便利ですよ。

おすすめ投稿

即日キャッシングだと限度額が下がるって本当?

即日キャッシングではスピードに重きを置いたサービスを展開していますが、利用するうえの上限金額になる限度額などの設定や、追加借り入れに関する条件などは、他のカードローン商品とも大きな違いはありません。しかし、即日キャッシングを使うと限度額が低いという声が一部から上がったことがあるそうです。


即日キャッシングで決まる限度額ってなに?

まず、キャッシングサービスを利用したことがないと、限度額という金額上限の概念がわかりにくいかと思います。クレジットカードのショッピング枠と同じように、カードローンでも、利用できる上限が決まっているんですね。この上限以内であれば、お金は自由に返済、借り入れをできると設定できるので、限度額はできるだけ高いほうが便利ということです。20万円であれば、20万円以内は自由に利用できる口座という認識でいいでしょう。


増額の相談はできるもの

この限度額は、収入や仕事先などの安定性など、会社が独自に定める審査基準から判断をするそうです。明確に何が影響を与えるなどの条件は特に公開されてないそうですが、即日キャッシングの場合には、過去の利用で踏み倒しなどがない限りは利用できることも多いそうですから、返済に関する人となりはなかなか会社にも分からないという理由で低めになっていることもあると言われています。

即日融資の審査で求められる収入を証明する書類とは?

即日融資に限ったことではありませんが、貸金業者が行うキャッシングの審査は法律によって、年収を確認すべきケースが定められています。貸金業者を対象としている総量規制の厳守のために年収の審査が厳密になりました。一社で50万円を超える貸付を行う場合、他社と合わせて100万円を越える貸付を行う場合、そして前回の確認から3年が経っている場合、これらが「必ず収入証明書類によって確認すべき」とうことが法律で定められているものです。業者ごとに自主的に定めているラインはありますので、これに該当しなくても提出が求められることはあります。大手はおおよそのところ、これに沿った形で提出を求める傾向にあります。


<年収を証明する書類とは?>

給与所得者であれば源泉徴収票、給与明細書、所得証明書、納税証明書、住民税決定通知書などが収入を証明する書類になります。源泉徴収票と合わせて直近2ヶ月の給与明細を提出を求められることが多いでしょう。個人事業主であれば、課税証明書や確定申告書が証明書類となります。それ以上の書類を求められることも業者によってはあります。同じように即日融資を行っている業者であっても、過去の債務事故などに柔軟な審査を行っているような経営方針であると、特に収入を証明する書類に厳密性を求められる傾向にあります。またこの法律の影響を受けない銀行の即日融資であっても、提出を求められるケースも多々見られます。

即日融資利用の過去は住宅ローン借り入れにどう影響する?

即日融資などの消費者金融や銀行系カードローンが提供している少額ローンサービスは、非常に評判が高く、利用者も増加しているそうですが、将来大きなローン、住宅ローンなどを組むときに影響がどうあるのかを不安に思う人もいるかと思います。


即日融資を利用したら、住宅ローンは使えない?

まず、即日融資を借りた人は住宅ローンなどを契約できない、というのは、言い過ぎという部分があるそうです。過去に利用しても完済していること、返済で遅延や延滞など、情報として傷になるものがない場合、契約そのものができないというほど厳しくはならないそうです。ただし、一切影響がないかどうか、というとやはり影響は少なからずある、という認識を持った方がいいそうです。


銀行系キャッシングなら同じ銀行で利用することも

インターネットバンクなどでは即日融資、住宅ローンとあらゆるローン商品を扱っていることや、低金利で利用できることなどもあり、住宅ローンは、かつて即日融資などを利用した銀行で借りるなど、条件を考えてもらうこともあるそうです。もちろん、過去に利用がない、というのはもっとも良いとされるようですが、一切利用できない、というよりは、傷のついた情報はカードローンに限らず悪影響があるという認識がいいそうです。

<広告>
おすすめのサラ金・・・・消費者金融、いわゆるサラ金会社の情報が多数掲載されているホームページ

即日融資を選ぶときは返済日も注目

即日融資の商品を選ぶときには、注目したポイントに多くの場合、利息ということをあげるコラムサイト等が多くあるそうです。もちろん、返済で最も負担になるのは利息分ですから、返済で支払うお金の負担などを考えて、カードローンを選ぶことは必要ですが、これだけでなく、返済に関するポイントも抑えておきたい部分があります。


即日融資の返済日を選べる会社が増加中

即日融資などでは、返済日を自分で設定できる会社も少なくないそうです。貯金やお金の返済などをできる限りスムーズに運ぶコツとして、お財布に余裕があるうちにすべてを済ませるというのは、相当昔から言われている、お金を運用するコツなのだそうです。そのため、即日融資などでも、返済日はできるだけ、自分のお給料日などに近い日を選ぶことも、返済では大きく影響する部分だと言われることがあります。


返済で負担を感じないような工夫

返済のときに負担を感じないようにするという工夫はできるだけ借り入れを行う前に確認したい項目とも言えるそうです。この返済日の設定などもそうですが、返済に利用するATMの場所なども遠い、使いにくい場所になると、億劫になってしまうこともありますから、返済がしやすい、できるだけ自宅やよく使う駅の近くにあること、手数料などができるだけかからないようなATMを探すことも大切ですね。

即日融資で借りたお金が返せない時はどうするの?

即日融資など、キャッシングやカードローンを利用すると、割賦払いという毎月同じ金額を返済して、利息と借りたお金の総額の返済になります。もちろん、借り入れを行うときには返済をどうするか計画などもしっかり立てていると思いますが、想定外の事故などで返済ができない場合の対応はどうなるのでしょう?


即日融資利用開始でもらう契約書をチェック

まずは、即日融資の契約を行ったときの契約書を確認してみましょう。多くのカードローンの場合、担保がいらないことや、保証人制度を利用していないローンとなっているので、この2つの条件も明記されています。この2つが書いてある場合には、家族なども代わりに借金返済を行う義務が法律上は存在しないこととなります。ただし、返済の遅延があれば、遅延した分だけ利息もあがるそうです。


長期に渡ってしまう場合は相談を

まず返済が遅くなる場合には会社に一報をいれましょう。何もせずに支払いを遅らせてしまうと、信用情報の問題などもあります。返済が開始できるめどが立っていない、金銭的な事情が非常に厳しいという場合には、債務整理などを専門としている弁護士や司法書士などに相談することも大切です。返済が遅くなるほど利息の負担も大きくなるそうですから、法テラスなど市区町村で活用できるものも注目しましょう。

即日融資で当日に融資を受けたいなら時間に注意

即日融資では、できる限り早い審査と、早い入金を魅力にした、スピード重視のサービスといわれています。即日融資を利用するといつでも当日以内の入金が可能と考える人もいるかもしれませんが、ケースによっては、当日中の融資ができないというものもあります。


即日融資は銀行窓口に左右される

入金は銀行などを利用することが多いため、このサービスでは会社の審査を24時間受け付け、結果をできるだけ早く出していても、銀行窓口が閉まってしまう時間以降は、反映が翌日になってしまうこともあるそうです。15時で窓口は原則として閉まるものですから、遅くても14時半までには審査を終えた人が当日の融資になる、というような注意書きはホームページにもあるそうです。


ネットバンクだと猶予ができることも

ネットバンクへの入金にも対応している会社では、この条件も少しだけ変化する可能性があります。ネットバンクには手続きをする店舗などの必要がないことから、入金対応がもう少しスムーズにいくことがあるのです。利用したいネットバンクのカードローンなどでは、口座があれば夕方まで入金に対応する会社もあるそうですから、インターネットバンクにも注目しておくと、いろいろとスムーズ度が増すかもしれませんね。