即日融資の審査で求められる収入を証明する書類とは?

即日融資に限ったことではありませんが、貸金業者が行うキャッシングの審査は法律によって、年収を確認すべきケースが定められています。貸金業者を対象としている総量規制の厳守のために年収の審査が厳密になりました。一社で50万円を超える貸付を行う場合、他社と合わせて100万円を越える貸付を行う場合、そして前回の確認から3年が経っている場合、これらが「必ず収入証明書類によって確認すべき」とうことが法律で定められているものです。業者ごとに自主的に定めているラインはありますので、これに該当しなくても提出が求められることはあります。大手はおおよそのところ、これに沿った形で提出を求める傾向にあります。


<年収を証明する書類とは?>

給与所得者であれば源泉徴収票、給与明細書、所得証明書、納税証明書、住民税決定通知書などが収入を証明する書類になります。源泉徴収票と合わせて直近2ヶ月の給与明細を提出を求められることが多いでしょう。個人事業主であれば、課税証明書や確定申告書が証明書類となります。それ以上の書類を求められることも業者によってはあります。同じように即日融資を行っている業者であっても、過去の債務事故などに柔軟な審査を行っているような経営方針であると、特に収入を証明する書類に厳密性を求められる傾向にあります。またこの法律の影響を受けない銀行の即日融資であっても、提出を求められるケースも多々見られます。