月別アーカイブ: 2014年8月

即日融資の審査で求められる収入を証明する書類とは?

即日融資に限ったことではありませんが、貸金業者が行うキャッシングの審査は法律によって、年収を確認すべきケースが定められています。貸金業者を対象としている総量規制の厳守のために年収の審査が厳密になりました。一社で50万円を超える貸付を行う場合、他社と合わせて100万円を越える貸付を行う場合、そして前回の確認から3年が経っている場合、これらが「必ず収入証明書類によって確認すべき」とうことが法律で定められているものです。業者ごとに自主的に定めているラインはありますので、これに該当しなくても提出が求められることはあります。大手はおおよそのところ、これに沿った形で提出を求める傾向にあります。


<年収を証明する書類とは?>

給与所得者であれば源泉徴収票、給与明細書、所得証明書、納税証明書、住民税決定通知書などが収入を証明する書類になります。源泉徴収票と合わせて直近2ヶ月の給与明細を提出を求められることが多いでしょう。個人事業主であれば、課税証明書や確定申告書が証明書類となります。それ以上の書類を求められることも業者によってはあります。同じように即日融資を行っている業者であっても、過去の債務事故などに柔軟な審査を行っているような経営方針であると、特に収入を証明する書類に厳密性を求められる傾向にあります。またこの法律の影響を受けない銀行の即日融資であっても、提出を求められるケースも多々見られます。

即日融資で失敗しないようにしたい

皆さんの中には、家族などに知られないよう注意したのにばれてしまった人はいませんか?
実は申し込み方にカラクリがあるようですので、心配な人は失敗談で検索してみるのがいいと思いますよ。
特に、自宅に郵送物を送られたくない人は郵便局に郵送物停止手続きをするのがいいと言われているみたいです。
ただし、その場合家族あての郵送物も停止されてしまうので、その点だけは頭に入れておくようにして下さいね。


即日融資は少額がいい

融資をしてもらうのはいいですが、高額融資だと返済する時の負担が大きくなってしまいます。
余裕のある人であればいいかもしれませんが、出来るだけ少額の即日融資をしてもらうようにしましょう。
少額でしたらすぐに返済することも可能ですし、金利もそんなに支払わなくてもいいと思いますからオススメですね。
カードローンを利用する際には、まず返済や診断をしておくのがいいかもしれないので、活用してみてはいかがでしょう?どの会社の発行している商品がよいか迷っているのであれば、カードローンの比較サイト等を参考にしてみるのも良いでしょう。


在籍確認って必ずしますか?

審査に通ってから融資をしてもらえるようになっていますが、会社の在籍確認は必ずされるものなんです。
嫌だなと感じている人もいますが、その金融機関によっては時間を指定することが出来るらしいので頼んでみては?
審査が終われば、カードローンが利用出来ますし、即日融資もしてくれるようになるので便利ですよ。